近鉄特急の一般車両ACE 乗車記(近鉄名古屋 ⇒ 白子)

今回は前回のビスタカーに続き,三重県の所要のために行きに利用した近鉄特急の一般車両ACEの乗車記になります!!

 

前回の記事は ↓

gakuchiku-maile-trip.hatenablog.com

 

近鉄特急の一般車両ACE 乗車記 (近鉄名古屋 ⇒ 白子)

 

近鉄特急の一般車両(スタンダードタイプ)とは?

近鉄特急には行先などに応じて様々な車両が使用されています。

現時点で最も新しい特急車両は大阪難波近鉄名古屋を結ぶ「ひのとり」です。

この他にも「しまかぜ」「伊勢志摩ライナー」「アーバンライナー」などあらゆる車両に名称が付き運転されています。

しかし,近鉄にはこの名称がつかない特急も数多く運転されており,それに使用されるのが特急の一般車両です。

ちなみに近鉄の公式HPで一般車両のことはスタンダードタイプとして紹介がされています。

今回乗車した22000系は愛称もついておりACE(エース)とも呼ばれています。

 

それではACEに乗って白子へ!!

地元が東海地方の筆者は高校の時などによく近鉄特急を利用していました。

しかし,大学進学後はあまり乗る機会もなく,久しぶりの利用でした。

そこで,あえて一般車両の特急列車を選択して利用してみました。

f:id:gakuchiku_maile_trip:20200523005443j:plain

近鉄名古屋駅の特急列車は全て4,5番線から発着します。

しかし,5~10分おきに出発することもあるので乗り間違いをしないように注意が必要です。

 

f:id:gakuchiku_maile_trip:20200523005852j:plain

今回は18:30発の大阪難波行きを利用しました。

 

f:id:gakuchiku_maile_trip:20200523010249j:plain

この日の車両は22000系でした。

車両には写真のようなロゴもついていました。

 

f:id:gakuchiku_maile_trip:20200523010315j:plain

近鉄特急はリニューアルが進められており,この日乗る車両もリニューアル後の車両だったので塗装が新しくなっていました。

そして行先表示もLEDとなっており,とても見やすかったです。

 

f:id:gakuchiku_maile_trip:20200523010535j:plain

先頭車両はこんな感じです。

乗車した日は先頭車両を撮る時間がなかったため,後日に白子駅で撮影しました(笑)

 

f:id:gakuchiku_maile_trip:20200523010707j:plain

座席は灰色のような感じで非常に落ち着いた印象を受けました。

 

f:id:gakuchiku_maile_trip:20200523011922j:plain

座席には背面テーブル,ペットボトルホルダー,フットレスト,肘掛け内蔵テーブル,コンセントが設置されていました。

ここまで設備が充実しているのは非常にありがたいです。

 

f:id:gakuchiku_maile_trip:20200523012145j:plain

筆者はあまりフットレストを使用しないのですが,せっかくなので使用してみました。

 

f:id:gakuchiku_maile_trip:20200523012334j:plain

コンセントは網ポケットの上に設置されていました。

東海道新幹線の普通席では窓の下に設置されていますし,グリーン車でも肘掛けの部分に設置されているので,この部分にあるコンセントには少し驚きました。

 

f:id:gakuchiku_maile_trip:20200523233303j:plain

肘掛け内蔵テーブルは少し小さめですが,用途に合わせてテーブルを使い分けることができそうでした。

 

 

まとめ

近鉄特急には名称がついている車両の他にスタンダードタイプの車両がある

22000系の愛称はACE

どの方面に向かう近鉄特急にも使用されている

設備は背面テーブルやフットレスト,ペットボトルホルダー,コンセントなどとても充実している

 

最後に

f:id:gakuchiku_maile_trip:20200523233804j:plain

上の写真もスタンダードタイプの特急車両ですが,今回乗ったものより,後に登場した新型ACE 22600系です。

車内設備などはあまり違いはありませんが,先頭車両の形と塗装が若干異なっています。(新型ACEの方が若干丸みを帯びている感じです)







 

 

 

 

珍しい2階建て車両! 近鉄特急ビスタカー乗車記(白子 ⇒ 近鉄名古屋)

今回は三重県に所要で行った時の帰りに利用した近鉄特急のビスタカーに乗車したときのことについて書いていきたいと思います。

 

2階建て車両に乗車! 近鉄特急ビスタカー乗車記(白子 ⇒ 近鉄名古屋

 

近鉄特急ビスタカーについて

ビスタカー」は近鉄で運転されている特急列車の1つです。

近鉄には「アーバンライナー」「伊勢志摩ライナー」「しまかぜ」など様々な特急車両がありますがビスタカーは2階建て車両が連結されているのが特徴であり,2階は座席,1階は3~5人で利用できるグループ席となっています。

ちなみにビスタカーで運転される特急は近鉄の空席照会,または時刻表でビスタカーのマークがついているかどうかで判断することができます。

現在,近鉄特急は塗装変更が行われており,私が乗車したビスタカーも塗装変更後のものでした。

f:id:gakuchiku_maile_trip:20200521130447j:plain

ビスタカーの先頭車両は近鉄特急の一般車両とあまり変わりませんが連結器そばの前面灯の形が少し特殊な形になっています。

 

f:id:gakuchiku_maile_trip:20200521131119j:plain

ビスタカーは4両編成で中間2両が2階建て車両になっています。他の車両と異なり,2階建て車両のドアは車両中央部に1つだけ設置されています。

 

f:id:gakuchiku_maile_trip:20200521133250j:plain

2階建て車両のドアの隣には行先表示と「VISTA CAR」のロゴマークがついていました。

 

ビスタカーで名古屋まで50分の移動!!

今回は白子駅から乗車します。

久しぶりの近鉄を利用するのであえてビスタカーを選んで利用しました。

f:id:gakuchiku_maile_trip:20200521133824j:plain

この日は9:38発の特急に乗車しました。

 

f:id:gakuchiku_maile_trip:20200521133800j:plain

座席は1人での利用だったので2階部分の座席を窓口で指定しました。

2階建て座席でも追加料金がかからないのでお得感があります

座席の色は青を基調としたものでした。

ちなみに,赤を基調した座席の車両もあります。

 

f:id:gakuchiku_maile_trip:20200521135027j:plain

座席の配置は2列+2列シートで他の特急と同じ配置でした。

車内は2階建てということもあり,多少は窮屈かなと思いましたがそこまで窮屈な印象は受けませんでした。

 

f:id:gakuchiku_maile_trip:20200521135617j:plain

座席にはフットレスト,コンセントはありませんが,背面テーブルと肘掛け部分にサイドテーブルが設置されています。

また,リクライニングも利用することができます。

 

f:id:gakuchiku_maile_trip:20200521140146j:plain

背面テーブルはペットボトルを置くスペースもあり,弁当を食べることも可能なサイズ感でした。

 

f:id:gakuchiku_maile_trip:20200521140314j:plain

肘掛けに収納されているサイドテーブルはあまり大きくなく,ペットボトルを置けるスペースと切符2枚程度が置けるサイズ感でした。

 

f:id:gakuchiku_maile_trip:20200521140506j:plain

1階部分のグループ席は青を基調としたソファのような座席に大きなテーブル,大きな窓が設置されています。

この座席は3~5人で利用することができるため,3人以上であれば窓口で指定することができます。さらに,追加料金もかからないので非常にお得です。

過去にこの座席を利用したことがありますが,とても広く半個室的な感じでグループでの利用には非常に向いていると感じました。

また,1階席からの眺めは他の列車の車窓とは異なるので,それもまた面白いです。

 

f:id:gakuchiku_maile_trip:20200521141009j:plain

2階建て車両のドア付近には志摩スペイン村のマスコットキャラクターのぬいぐるみも置いてありました。

 

f:id:gakuchiku_maile_trip:20200521141226j:plain

2階建て車両ですがキャリーケースも座席上に収納することもできました。

私のキャリーケースは3泊4日用ですが,無理なく収納できました。

 

f:id:gakuchiku_maile_trip:20200521141405j:plain

2階から車窓は普段の列車より少し眺めが良かったです。

たまには2階からの車窓というのもありかもしれない。

 

まとめ

ビスタカー近鉄特急の2階建て特急車両

2階は座席,1階はグループ席で追加料金はかからないのでお得!

運行は空席照会,時刻表を確認すればOK

 

最後に

f:id:gakuchiku_maile_trip:20200521143034j:plain

近鉄名古屋駅に到着後に少ししたら,賢島行きの「しまかぜ」が入線してきました。

しまかぜは座席も充実しており,グループ席も3種類ありカフェ車両もついているまさに移動を楽しむ列車です。

過去に何回も乗車しましたが,非常に快適だったことを覚えています。

 

 

 

博多~佐世保を結ぶ特急みどり に乗車(佐世保 ⇒ 博多)

今回は昨年夏休みの九州旅行で乗った783系の特急「みどり」 について書いていきます。

 

九州旅行関連の記事はこちら↓

gakuchiku-maile-trip.hatenablog.com
gakuchiku-maile-trip.hatenablog.com

 

gakuchiku-maile-trip.hatenablog.com

 

特急みどり に乗車!!(佐世保 ⇒ 博多)

特急みどりについて

 特急みどりは博多~佐世保で運行されている特急列車です。車両にはハイパーサルーン車両である783系が使用されています。

また,一部の列車については博多~早岐間でハウステンボスに向かうハウステンボス号と併結して運転されます。

 

佐世保駅から!!

f:id:gakuchiku_maile_trip:20200417213043j:plain

スタートはJR日本最西端の佐世保駅からです。

ちなみに日本最西端の鉄道駅は松浦鉄道の「たびら平戸口駅」です。

ただし鉄道でなければ,沖縄県のモノレール「ゆいレール」の「那覇空港駅」です。

 

f:id:gakuchiku_maile_trip:20200417214125j:plain

13:42発の特急みどり18号に乗車します。

電光掲示板を見る感じでは博多方面への特急,ハウステンボスや長崎方面への列車が1時間に1本という感じでした。

 

f:id:gakuchiku_maile_trip:20200417214441j:plain

特急みどりの貫通型の車両です。ハウステンボスと併結する際はこちら側に連結して運転されます。

 

f:id:gakuchiku_maile_trip:20200417214704j:plain

 こちらは非貫通型の車両です。

小さく「MIDORI EXPRESS」とJRとデザインされています。

 

f:id:gakuchiku_maile_trip:20200417214753j:plain

車両の側面にも「MIDORI EXPRESS」と大きく描かれていました。

また,ハイパーサルーン車両ということで車両の真ん中にドアが設置されており,1車両につき2つ客室があります。

 

f:id:gakuchiku_maile_trip:20200417215423j:plain

今回は自由席を利用しました。

ハイパーサルーン車両は客室が2つに分かれているためA室,B室と表示されていました。

 

f:id:gakuchiku_maile_trip:20200417215721j:plain

8号車の自由席の座席。

座席は床から一段上がったところに設置されていました。

 

f:id:gakuchiku_maile_trip:20200417220026j:plain

座席には背面テーブルとフットレストが設置されていました。

 

f:id:gakuchiku_maile_trip:20200417220204j:plain

今回は一番端の全面展望が見れる座席を利用しました。

テーブルは背面テーブルと比較するとだいぶ小さいものが設置されていました。

 

f:id:gakuchiku_maile_trip:20200417220354j:plain

座席からの眺めはこのような感じでした。

 

f:id:gakuchiku_maile_trip:20200417220727j:plain

座席からはハウステンボス号とのすれ違いも見ることができました。

ハウステンボス号にも783系が使用されていますが,外観のデザインはオレンジを基調としたデザインでした。

先頭からの景色を自由席から楽しむことができるのは非常によいと感じました。

 

まとめ

特急みどりは博多~佐世保を約2時間で結ぶ特急列車

使用される車両は珍しいハイパーサルーン車両

みどりに乗車する際は自由席でも全面展望が楽しめる

 

 

 

お得にビジネスクラスを体験!! 国際線機材の国内線 成田発のJAL乗り得便(成田 ⇒ 名古屋)

前回の更新から就活などで多忙な日々を過ごしていた筆者です。

今回は就活中にJALの国際線機材を国内線で利用したのでその時の様子について書いていきたいと思います。

 

乗り得!! JAL国際線機材の国内線(成田 ⇒ 名古屋)

  • 航空会社:JAL日本航空
  • 路線:成田 ⇒ 名古屋(中部)
  • 便名:JL3087便
  • 機材:B787-8(国際線仕様)
  • 座席:8K(クラスJ)
  • 運賃:8,250円(先得割引-タイプA)

ちなみに,今回は国内線を利用しましたが機材は国際線機材,そして座席はビジネスクラスの席を予約しました!!

JALの国内線では一部の路線で国際線機材を利用して運行されています。そのため,国際線機材の場合ではクラスJを予約するとビジネスクラスの座席を利用することが出来ます。

しかし,クラスJでの予約になるため機内サービスは普段の国内線と同じになります。しかし,座席はビジネスクラスのため,目的地までゆったりと過ごすことができるため,このメリットはとても大きいと思います。

 

成田空港から!

JALの国際線・国内線は共に第2ターミナルから出発します。

ちなみに国内線のカウンターや保安検査場は規模も小さく,こじんまりとしています。

f:id:gakuchiku_maile_trip:20200408223736j:plain

成田空港の国内線は初めて利用しましたが,久しぶりの沖止めでした。

 

いざ,機内へ

f:id:gakuchiku_maile_trip:20200408224204j:plain

沖止めはバスを降りた後の機体を間近で見ることができるのが一番よいことだと思います。(ただ,機体までバスで移動するため手間がかかるのが面倒だと思う方もいると思います)

 

f:id:gakuchiku_maile_trip:20200408224507j:plain

今回の座席は窓側の8Kを予約しました。座席はJAL国際線のビジネスクラスJAL SKY SUITE」です。座席を倒すことでフルフラットにすることが出来る座席です。

 

f:id:gakuchiku_maile_trip:20200409141029j:plain

窓側の座席には少し狭いスペースを通って入ります。

 

f:id:gakuchiku_maile_trip:20200409141155j:plain

枕カバーはクラスJのものに取り換えられています。

 

f:id:gakuchiku_maile_trip:20200409141626j:plain

国際線のビジネスクラスなので大画面のディスプレイもついています。

しかし,国内線なのでディスプレイを使用することはできませんでした。

 

f:id:gakuchiku_maile_trip:20200409141942j:plain

JAL SKY SUITEのリクライニングなどは問題なく使用することができます。

実際に使用してみましたが,フルフラットにするととても快適に過ごすことができました。やはり,最新のビジネスクラスは寝転べるほど広くゆったりできるのでこれで海外に行けると疲れ知らずで移動できそうだと思いました。

ビジネスクラスを利用することは学生の自分にはできないため,座席だけの体験でしたが乗ることができて良かったです!

 

f:id:gakuchiku_maile_trip:20200409142245j:plain

 座席の入口付近にUSBポートとコンセントが設置されていました。

 

f:id:gakuchiku_maile_trip:20200409215235j:plain

座席のすぐそばには座席のリクライニングを調整するコントローラも設置されていました。

国際線機材に乗るには?

現在(2020年4月) JALでは以下の路線で国際線機材が使用されています。

  • 成田 ⇔ 伊丹
  • 成田 ⇔ 名古屋(中部)
  • 羽田 ⇔ 名古屋(中部)

ただし,使用される国際線機材は日にちによって異なるので注意が必要です

 

まとめ

国際線機材が使用される国内線を利用しました。

機内サービスは普段の国内線と変わりませんが,座席はビジネスクラスなのでゆったりと過ごすことができ,とても満足のフライトでした。

座席だけでもビジネスクラスを体験したい!!ということであれば乗る価値はあると思います!

 

 

 

 

快適な革張りシート 885系かもめ号(長崎 ⇒ 諫早)

夏に家族旅行で福岡・長崎旅行をしたときにJR九州の「かもめ」に乗車しました。

今回の家族旅行は家族全員が飲酒できるように鉄道での移動をメインに計画を立てていました。

そのため,今回は885系「かもめ」の乗車記を書いていきます!!

 

これまでの記事は↓になります。

 

gakuchiku-maile-trip.hatenablog.com

 

 

gakuchiku-maile-trip.hatenablog.com

 

 

個性的なJR九州の特急電車 快適シートでいく885系かもめ号(長崎 ⇒ 諫早

  • 列車名:かもめ22号(博多行き)
  • 使用車両:885系
  • 乗車区間:長崎 ⇒ 諫早
  • 停車駅:長崎 ⇒ 浦上 ⇒ 諫早

特急かもめ号とは

特急「かもめ」は博多~長崎を約2時間で結ぶ特急列車です。

約30分おきに運転され,使用される車両は885系787系の2種類が使用されています。

 

いざ!,かもめ号乗車

f:id:gakuchiku_maile_trip:20200112072239j:plain

JR九州の特急電車はどれも個性的なデザインをしていますが,この885系も先頭のフォルムが他のJRを走る特急とは異なる独特のフォルムをしています。

デザインは有名な水戸岡鋭冶がデザインされたそうです。

 

f:id:gakuchiku_maile_trip:20200112072741j:plain

かもめ号のロゴマーク

 

f:id:gakuchiku_maile_trip:20200112073003j:plain

今回の座席は革張りのシートでした。

指定席は革張りシート,自由席は布張りのシートが基本らしいです。

今回は自由席を利用しましたが4号車は革張りシートだったのでこのシートを利用することができました。

革張りシートは高級感があって非常にGOOD!!

 

f:id:gakuchiku_maile_trip:20200112073207j:plain

座席の背面にはチケットホルダーと網ポケットがありました。

そして,KAMOMEのロゴも入っていました。

座り心地は固くなくフカフカした感じでとても乗り心地はよかったです。

色々な特急列車に乗車していますが,個人的に乗り心地は1番な座席です!

 

f:id:gakuchiku_maile_trip:20200112073742j:plain

885系のテーブル。

座席の肘掛けに収納されているので必要な時に出すことが出来ます。

 

f:id:gakuchiku_maile_trip:20200112073842j:plain

車両の間には大きな窓とテーブルのあるフリースペースもあります。

 

f:id:gakuchiku_maile_trip:20200112073944j:plain

フリースペースには自動販売機も設置されています。

 

f:id:gakuchiku_maile_trip:20200112074028j:plain

ドア近くにはゴミ箱と車内設備の案内,JR九州の雑誌が用意してありました。

 

f:id:gakuchiku_maile_trip:20200112074146j:plain

JR九州の冊子には九州の魅力的な観光地やグルメについていろいろ書いてありました。

 

f:id:gakuchiku_maile_trip:20200112074252j:plain

車内にはこのようなものも飾られています。

他の会社の特急に中々ないフリースペースやインテリアなどがあり,車内も面白い構造になっていました。

 

f:id:gakuchiku_maile_trip:20200112074526j:plain

車内にある座席上の荷物棚は飛行機のような感じになっています。

しかし,荷物棚のサイズが飛行機よりも小さいためキャリーバックのサイズによってはギリギリ入らないため,少し不便です。

キャリーバックは各車両端にある荷物置き場に置いた方が良いと思います。

 

まとめ

885系JR九州の車両らしく個性的なデザインの電車でした。

座席は革張りで座り心地は非常によかったです。

しかし,荷物がある場合は座席上の荷物棚は少し不便